ブロックチェーン特化型データセンター

ブロックチェーン特化型

データセンター

NeuNode

ニューノード

ブロックチェーン特化型データセンター

仕組み

NeuNodeは、ブロックチェーンの利用に特化したコンピューターです。NeuNodeを購入し、ブロックチェーンを使ったサービスの開発事業者へ提供することで、収入を得ます。万が一、開発事業者に使われない場合でも、NeuNodeは1台ずつ自律して稼働し、ブロックチェーンネットワークに貢献することで報酬を得ます。


分散型データセンター事業の特徴

購入したNeuNodeは、ブロックチェーンを活用する世界中の開発者・事業者に使われます。

1.購入するだけで簡単に事業スタート

2.稼働状況はアプリでチェック

3.メンテナンスは専門家任せで安心

4.故障にも対応したサポート体制


なぜ分散型データセンターを所有するの?

お客様が購入するデータセンターは、ブロックチェーンの接続に特化したコンピューター専用のデータセンターです。ブロックチェーンは、コンピューター(ノード)同士が繋がったシステム全体やその技術のことです。それぞれのコンピューターデバイスは、世界中に分散しています。ブロックチェーンノードを搭載するデータセンターは、日本中・世界中で分散していても繋がっています。ですから、分散型データセンターと呼んでいます。 ゲームをはじめ、ブロックチェーンを活用したアプリケーションやサービスの開発が盛んにおこなわれています。開発には、ブロックチェーンノードが必要です。しかし、ブロックチェーンノードの稼働や運用には時間的にも技術的にも手間がかかります。分散型データセンターのコンピューターを使用すれば、低コストで迅速に開発ができます。ブロックチェーンが活用される分散化社会における、インフラとなり得るのが、分散型データセンター事業です。


分散型データセンター事業の3つのメリット

1時代のパイオニア

ブロックチェーンを活用した分散型データセンターは、5GやIoTデバイスが世界中に普及してきたデジタル時代に置いて欠かせないインフラとなる事業です。データセンtなーで利用するブロックチェーン特化型デバイスNeuNodeは、1台が独立して動くコンピューターデバイスです。NeuNodeの購入金額は、即時償却することができます。また、ものづくり補助金をうまく活用することで、自己資金はほとんどなしに事業を立ち上げることができます。補助金の申請サポートもおまかせください。

2管理の簡単さ

コンピューターの管理をすべて委託することができます。コンピューターは24時間365日稼働させるため、最大限活用するには時間や手間がかかります。コンピューターの所有者は手間をかけることなく、自分のコンピューターの稼働状況をWEBで確認するだけでOKです。

3市場の成長性

ブロックチェーンを活用したアプリケーションやサービスの市場は、急激に拡大しています。市場の拡大にともなって、必要となるインフラ事業が分散型データセンター事業です。暗号資産やブロックチェーンを活用した分散社会における、資産形成の選択肢のひとつとなります。

ブロックチェーン特化型コンピューター

NeuNode

ニューノード