事業のメリット

Advantage

新規事業

管理不要

市場の成長性

1新規事業

分散型データセンター事業は、ブロックチェーンデバイスを活用した新しい事業です。IoTや5Gなどが普及し、デジタル時代に突入しています。デジタル化が進むと同時に、必要になる機能がデータセンターです。ブロックチェーンを活用することで、データの管理を分散させることもできる上、コンピューターを管理するデータセンター自体のコストを下げることができます。そのため、弊社の分散型データセンター事業は、これまで世界的な大手企業しか参入できなかったデータセンターを、だれでも始められるブロックチェーン特化型のデータセンターとして提供することができるのです。 また、NeuNodeは1台が独立して稼働するハードウェアデバイスのため、消耗品費として全額経費計上することが可能です。経済産業省のものづくり補助金などの申請も可能です。

2管理不要

人間と違ってコンピューターは24時間365日稼働することができます。コンピューターを毎日正常に稼働させるには、物理的な環境設備から機器のメンテナンスやシステム運用まですべて必要となります。NeuNodeのデータセンターは購入するだけで、オーナー様の手間はかかりません。オーナー様のコンピューターデバイスの稼働状況は、いつでもアプリで確認できます。稼働データは、ブロックチェーン上で管理されているため改ざんすることが難しく、すべての記録が半永久的に残る仕組みになっています。そのため、オーナー様は、コンピューターの設置や環境設定などをすべて任せ、安心してご自身の事業状況を確認することができます

3市場の成長性

暗号資産を代表するブロックチェーンを活用したプロジェクトが活発になるにつれ、ブロックチェーンノードのデータセンターの需要は高まります。また、あらゆる分野でデジタル化が進む時代で、ブロックチェーンテクノロジーを利用したサービスは、一般化していくことが予想されます。分散型データセンターは、将来の資産形成をおこなえる事業になり得ます。

ブロックチェーン特化型コンピューター

NeuNode

ニューノード